Colorful Days

様々な事に興味がある筆者の日々

【後輩】美術室の体操着(【後輩】タレ目なあの子の怖い性格”の続編)

f:id:cristarin1120biz:20190213121734p:plain

タイトルが違いますが“【後輩】タレ目なあの子の怖い性格”の続編となります。
この回で怖い性格というのがわかります。

 美術室

美術室で授業を終えて、次はHRの前の清掃だと思っていた時、ふと、体操着が置いてあることに気が付いた。

誰のだ?これ…?

名前を見てみると、一年生の子だ。昔一緒の部活でマネージャーをやっていたけどすぐにやめた子だとわかった。

f:id:cristarin1120biz:20190213115653j:plain



何故すぐにやめた子なのにわかったか、それはめちゃ可愛かったからだ。

その体操着をどうするか…だが、匂いを嗅ぐわけなく、そのまま届けてやろうと思って一旦預かることにした。

HR前の清掃の時間だが、とある委員会の副委員長だったこともあり、ごみ収集のアナウンスを毎日行っていた。

それもあって、校内放送の権限を多少持っていたわけだ。
その可愛い子がどこのクラスかわからないし、いきなり持っていっても怖いよな。だから放送で呼んでやろうと思ったのだ。

元マネージャーさん(名前で呼んでいる)忘れ物がございますので、職員室前までお越しください

 

こんな感じで確か呼んだ。

 

すると、やってきた元マネージャー。

f:id:cristarin1120biz:20190213121006j:plain

やっぱり可愛い。グラっとくる。

 

すいません!これどこにありましたか!?

あ、あぁこれは美術室にあったよ。さっき授業で忘れ物かなって思って持ってきたんだ。

ほんとですか、すいません!ありがとうございます!!

 

我ながら良いことをしたもんだと思った。後輩の子にこんな褒められてニコニコされて、なかなかないぞ。

心の中でガッツポーズをし、清掃の時間は終わった。

 

タレ目の子からメール

テスト期間だったこともあり、タレ目の子とのメールも少なくなっていた。
遊べなくてもメールができれば良いかなって思ってたんだけど、そのメールもある程度制限をかけるようになったのだ。

テストが終わったらまたゆっくりメールしましょう。みたいな感じで。

そんな中だ。タレ目の子からメールが来るなんて珍しい。
何事かと思う。
メールの文面を見てみると…

「元マネージャーの子がたーきーさんとメールしたいって言ってるんですけどアドレス教えても良いですか?」

なんということだ!あの元マネージャーがっ!くはぁ〜!

OK!なんだろうね?とりあえずOK!

こんな感じだったと思う。

 

元マネージャーとのメール 

f:id:cristarin1120biz:20190213121111j:plain

何故メールしたくなったのか、そんなこと言わんともわかる。察する、察するぞ。
まさかの体操着で気になっていただけたとかそんな感じだろう。
これで、女の子の体操着で何したんですか!とか言われたら泣くぜ

だけど、ここは上級生のからかいだ、なんでアドレス聞いたの?とだけ聞いておく。ほんの挨拶だ。

「体操着をわざわざ持ってきてくれるなんて優しいなぁって思って。
その事タレ目の子に話したら連絡先知ってるっていうもんだからメールしたくって」

んもぅ!素直でよろし☆

この素直な元マネージャーにぐっと心を掴まれ始めたのである

 

そこからはもうメールの嵐。
こいつ何時まで起きてるんだってくらいメールした。
逆に俺も何時まで起きてるんだって状態だったと思うが、俺はテスト勉強一夜漬けなんでね。勉強しないと、でも元マネージャーが寝ないし、いつになったら俺は勉強できるんだ(メールが楽しくて仕方がない)といった状態だった。

 

元マネージャーも俺がいつまで起きてるんだ、逆に付き合ってもらってるのかなって感じでいたらしい。
でも、俺が起きている理由を知ったら付き合ってもらっている心配というよりも、メールしてもいいんだ!っていう感情に変わったのかもしれない。
なにせ、そのまま朝を迎えたぐらいだ。

俺はというと、勉強できたかどうかは正直「?」だ。それは元マネージャーも同じだろう。
朝たまたま出くわすと、あれだけメールのやり取りをしていたのにかかわらず、ものすごく恥ずかしそうだ。
俺はというとメールを沢山していたこともありそこまで恥ずかしくはない。

ただ、メールというリアルというよりどちらかというとバーチャルな付き合いを俺たちはしている。
なにせ、喋ったのは体操着の時以来だ。それ以降はメールでしか話をしていない。
だが、不思議なものでその子の顔を思い出しながらメールをするだけでその子のことがなんだか浮かんでくる。そして、話したこともないのにその子のことが少しずつわかってきている。とても不思議な感覚だ。

 

恐怖の一文

メールをし始めて三日ほどたったあたりか、元マネージャーと付き合うことになった。
俺自身も惹かれて行ったというのが本音だ。どちらから告白をしたのかは昔すぎて覚えていない。

お互いほとんど時間が合うこともなく、ただメールだけは沢山していて付き合うことになった。

f:id:cristarin1120biz:20190213121150j:plain

そして、テスト最終日元マネージャーと屋上前の階段デートをした。
他の学校はわからないが、俺の学校はこれが定番のデートコースとなっている。

そこで、その子と初めて、また、付き合い初めて、一番話をすることができた。

昔話をすればするほど、その子はよく笑う。んもぅめちゃくちゃ可愛いw
笑うだけではない、若干体を崩しながら笑うもんだから、スカートがめくれて見えるもんが見えちゃう!といっても、毛糸なんですけど(ごちそうさまです)

 

そんな他愛もない話をして帰った際、久しぶりにタレ目の子からメールが来た。
そんなに日が経ってないような気もするが、あまりにも元マネージャーの子とばかり連絡のやり取りをしていたことによって、かなり久々な気がした。

「この八方美人が!」

……(怖ぇ)

 

一応調べてみた。

八方美人

《どこから見ても難点のない美人の意から》だれに対しても如才なく振る舞うこと。また、その人。非難の気持ちを込めて用いることが多い。

 

コトバンク

 うん、まんまやね。

 

ただ、これだけは自信持って言える。
俺たち付き合っていなかった。

そして、俺も告白等をしていなかった。

だから全くもって問題ないんじゃないのかな?って思うんですけど、女性からするとそうではないんでしょうね。難しい。

 

その後

元マネージャーとは2週間ぐらいで別れちゃいましたw
若いというのか、熱しやすく冷めやすいようです。
むしろ自分で言うから逆に素直。

 

毛糸しか見れなかったことが実に惜しい…なんてね!

 

おしまいっ

読んでいただきありがとうございました!他にもいろんな記事を書いているので是非見てください!面白かった、為になったという方ははてなスターやはてブをお願いします!良かったら読者登録もよろしくお願いします!