Colorful Days

様々な事に興味がある筆者の日々

【音ゲー思い出話】昔ハマっていた音ゲー“ポップンミュージック”その2

f:id:cristarin1120biz:20200130155726p:plain



 

ポップンミュージックを通じて語っていく、音ゲー思い出話。
今回はゲーセンデビューまで書かせていただきました!

 

 

www.colorfuldays.site

 

 徐々にポップンの曲に触れていく

 

様々なアーティストが楽曲を作っているのですが、これがまた良い曲だらけ。
しかも、アーティスト名・曲名で出していると言うよりは「スコティッシュ」とか「ガーリーポップ」とか「フレンチポップ」とか、曲の種類?ジャンルが表立っていて、この曲いいなぁ〜ってなったらアーティスト名・曲名に目がいくようになっているんですよね。

それがなんだかお洒落だなぁ〜〜って思ってました。

 

キャラクターが可愛い

このゲームを手に取る前から知っていたことではあるんですが、ビートマニアのようなクールさはなく、ダンスダンスレボリューションのようなイキった感じではないです。

 

女の子でも入りやすくしているのがポップンミュージックだと思います。

 

その中でもシリーズを通して登場しているキャラクターもいたり、いなかったり。
キャラクター自体もモチーフがあったりしていてキャラクターを知るだけでも楽しいです。

f:id:cristarin1120biz:20200124115149j:plain

ポップンミュージック5のジャケット

ちなみにこれが初めて手に取ったポップンミュージック5のジャケットです。

 

このキャラクター「ミミ」「ニャミ」というんですが、どこか見たことありませんか…?

 

そう、PUFFYの二人です。

 

ちなみに公式かどうかは…不明です

 

ゲーセンで実戦デビュー

ポップンミュージックにはボタンが9個ついていて、落ちてくるアイコンをリズムよくボタンを押していくゲームなんですが、最初から9個使用しない初心者設定というのがあります。(9個→5個)

 

この5個の状態でゲーセンにデビューしようと思いました。

 

そこで驚いたのが、ゲーセンにあったポップンミュージックは5ではなく、6なんです!!

のちに知ることとなったんですが、ゲームソフト販売をしているのは新しいタイトルが出たときに、一つ古いタイトルがゲームソフト化されるようです。

 

なのでメニュー画面とか、曲の選択画面とか、家でやっている5と色々違う。

 

なんならキャラクターの書き味も丸みおびて、またちょっと可愛くなっている。

 

 

 

戸惑いながらもやってみることとする。

 

ゲーセンのちょっとやだなぁと思うこととして、敷居が高いこと。

 

こうやって家で少し慣れてからデビューって、それが正しいかわかりません。
けれど、いくら楽しいゲームであっても、人前でプレイするってなかなか勇気いることなんですよ。

 

そう考えると、音ゲーなんかはとくに筐体大きいし、音も大きいし、プレイしている人も楽しくて、見ている人も楽しいようにできています。

 

ですが、初心者はきついねぇ〜!

 

たくさん筐体あって、初心者枠が作られていたりするといいんでしょうけど。

 

と、ちょっと脱線しましたが、初プレイ。

 

 

 

知っている曲をどうせならやりたいと思ったけれど、5ではなく6なのであるかどうかすらわからない。

あったとしても、その見つけ方、膨大な曲の量からすると、ミュージックセレクト画面には制限時間があって、それまでに曲を選択をしなければ、カーソルが止まった曲に強制セレクトされてしまう。

 

とりあえず、難易度が低い曲をセレクトし、無我夢中でやった。

 

 

そこで一言…体がついていかない。

 

 

当時は中学生。老いてきてついていけないとかではなく、いつもはPSのコントローラーでプレイしているのだが、やはり本物は違うと実感した。

 

これではいくら練習を積んでも、成長できない!!

 

なので、専用コントーラーを買って練習して再度挑戦しにくることを誓った。

 

思い出の曲

新堂敦士:君が好きだよ~守って守ってあげるから~

 


POWER FOLK 3 「君が好きだよ ~守って守ってあげるから LONG」

 

君が好きだよ~守って守ってあげるから~

君が好きだよ~守って守ってあげるから~

  • アーティスト:新堂敦士
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2001/01/24
  • メディア: CD
 

 

最後に

 

ゲーセンでゲームをするって本当に敷居が高いですよね。

 

特に一人でやったことないゲームとか、本当に怖いですもん。

 

クレーンゲームとか、コインゲームはいいですけど、普通のビデオゲームはなかなかきついですよね!?

 

 

 

読んでいただきありがとうございました!他にもいろんな記事を書いているので是非見てください!面白かった、為になったという方ははてなスターやはてブをお願いします!良かったら読者登録もよろしくお願いします!