Colorful Days

様々な事に興味がある筆者の日々

Windowsで満足している俺にMacがやってきた!

f:id:cristarin1120biz:20180817100849j:plain

いやぁ眠い、けど、Macがやってきて初期設定が終わったから早速だけど記事にしてみる!
今回はタイトル通り、生涯Windowsしか使ってきていない俺の元にMacがやってきたので詳しく書いていこうと思う。

 

 

 

 

現在のパソコン

 

元々はレッツノートというWindowsPCを使っていた。
というか今も使っているんだけど、現在は外部モニター・外付けキーボードを使用しほぼデスクトップPCとして使っている。

 

 

ノートなのに何故デスクトップかというと、俺の使っているレッツノートISP液晶じゃないので視野角とか非常に見辛い。なんか青っぽい。よって目が疲れる。
最近のはIPS液晶になっているらしく非常に羨ましい。

 

 

なので外部モニターを使用して使っている。
そのためデスクトップのように使って、万が一外に持ち出すこと(過去に1度しかない)があればノートとしてしっかり使える。
俺にとって今のPCで十分満足している。

 

 

Macは必要なのか

 

そんな俺にMacは必要なのか。
答えというか、俺はMacに憧れがあった。

 

 

というのもiPhone3Gの時代よりiPhoneを使っていて、時にはiPadも使っている。
けれど、PCだけはWindowsばかり使っていた。
もちろんずっと使っていたOSだし愛着はある。

 

 

けれど、Apple製品をこれだけ使っているのにも関わらず使っていないのはなんだか勿体無いんじゃないか。Macは良いって持て囃されてるけど本当にそうなのか。

 

デザインがいいのは見て感じている。
けれど、全く使ったことのないものに対してどこかしら恐怖感を感じていた。
新品のMacBook Airを買うとすれば、ざっくり安いもので10万もする。

 

 


スペックの割に安いのかもしれないが、使ったことがなく、ちゃんと使えるか心配なものに10万という金額はとても高価だ。
だから俺はWindowsから離れる予定もなければ、Macを本当に購入する予定なんてなかったんだ。

 

 

Macを手に入れた経緯

 

ふとたまたま行ったパソコン屋さんにレッツノートのAXというモデルがあった。
これはディスプレイが360度回転までできる代物で、タブレット感覚に使用することができるPCだ。

 


これを見つけた嫁はすぐに欲しがった。
ここ最近Windowsタブに非常に興味を持っていて、探す商品はどれも低スペックで心配になるレベルだったが、このAXはi5、メモリ4GB、SSD128GBとなかなか良いスペックを誇っていた。それでいて価格は45000円。なかなか安い。

 

 

購入したいと、俺に相談されたが、嫁は既にハイスペックのWindowsPC(でかいノート)とMacBook Air11インチの2台所有していた。
次にこのレッツノートを買えば3台目のPCになる。


聞いててわかると思うが、嫁もなかなかのガジェット好きである。

 

けれど、これがまた悪いことに手に入れたら満足するタイプである。
でかいノートは滅多に使わないが(データ保存用と言っていた)、MacBook Airに関しては使っても本当にたまにである。
その中にレッツノートが加わってもすぐに飽きてしまうだろうと思った。
一番のメインはiPad

 

 

そこで退路を断つため、レッツノートを手に入れるのであれば、MacBook Airを手放せと命じた。
けれど、買取がすこぶる安いだろうと心配したため、俺が今回2万で売ってもらうことにした。

 

 

 

何故欲しい気持ちが強くないまま購入したかというと、俺の使用しているレッツノートSSDに改装と、メモリの増設をしたかったのだが、これをやることに約2万円発生してくる。
そのため今回のMacBook Airを購入するのはそれの代わりとも取れるものだったからだ。

 

 

 

使ってみての感想

 

Mac初心者の素直な感想なためご了承ください

 

  • 普通に使い方がよくわからない。
  • 思ったよりキーボードが疲れる。外部キーボードに慣れているせい?
  • 予測変換が便利すぎて使いづらい。リアルタイムに変換
  • フォントがiPhone等に似ていて見やすくて良い

 

 

以上ですかね。
まだ、数日しか使っていないのではっきりとしたレビューは書けないですが、これだけ感じました。

 

 

使い方は嫁に聞くより調べた方がもっと便利な使い方を学べるだろうと思って調べながら使っています。

 

 

困ったこと

 

 また、Macにしたら一番便利に使えるだろうと思っていたAirdropが何故か使えない。
ネットで2時間ぐらいかけてもわからなかったため今度アップルに直接問い合わせてみよう。
正直使い勝手が現状悪く、やはりいつものWindowsでこうやってブログを書いているのだが、Airdropができなかったらそのまま使わなくなってしまいそう。

 

 

っていうか現状棲み分けができていない。
なんでもできるWindowsと、使い方があやふやでタイピングの疲れるMac

 

 

文字打ちがメインのブログ利用としてはやはり外部キーボードを使って文字を打っていたほうが疲れないので本当におすすめ。
今はメカニカル調のメンブレンだけど、いつかは本当のメカニカルか静電容量無接点方式のキーボードを使用したい。

 

 

あとはやっぱゲームな。
頻繁にするわけではないけど、できないのはきつい。
BootCampを使ってWindows化するとかもあるけど、基本MacBookの本体容量ってめっちゃ少ないわけだし、そもそもそれをやってMacにしている意味あるの? って思っちゃうし。

 

 

追記

Appleサポートに問い合わせてみました。

 

結論このMacBook AiriPhoneとではAirdropができないようです。
Airdrop自体は機能として備わっているが、Mac同士になってくるようです。

 

じゃあいつかできるようになったかというと、2012年モデルからとのことです。
ちなみにこのMacBook Airはというと…2011年モデルのようです…

 

がっくし

 

 

最後に

 

Macの初対面はぶっちゃけ最悪である。
これしかない、って言う状況であれば頑張って使うのだけれど、全然そんなことがない。
もちろん、レッツノートにしているようにデスクトップ化するのも一つの手だが、なんとなくMacはマウスを使わずに使うっていうイメージが強い。
もちろん、デスクトップで下記のように使えるようなのもあることは知っているが、キーボードを置くスペースが無くなる。

 

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

 

 

なので時間がある時にMacでちょっと遊んだりして慣れていきたいと思います。