Colorful Days

様々な事に興味がある筆者の日々

コスパ抜群! ノイズキャンセリングイヤホン『GLIDiC Sound Air WS-7000NC』を購入してみた!

f:id:cristarin1120biz:20180726231426j:plain

普段はAirpodsを使用しているのですが、耳に差し込むタイプではないので
耳に差し込むタイプで、どうせならノイズキャンセリングのイヤホンが良いなと思って買ってみました。

 

 

 

ノイズキャンセリングイヤホンて?

 

専門家ではないですが…
簡単に言うと周囲の騒音が消えます。
騒音というと、電車の音や車の音とか人混みとか…

ゴー!! っとうるさい音とかもサー…というぐらいに騒音が下がります。

 

カチャカチャと入力音がするキーボードなんかは無音になります。

 

 

GLIDiC Sound Air WS-7000NCってどんな商品?

f:id:cristarin1120biz:20180726225537j:plain

 

 

ノイズキャンセリングイヤホン2万円未満の部門で

3期連続でVGPアワード受賞しています!

 

 

f:id:cristarin1120biz:20180726225612j:plain

 

 

イヤホンや音響機器ってほんとに沼ってぐらいにお金がかかりますからね。
もうそこはコスパが重要。
いかに安くいい音が聞けるか。

かといって安すぎれば音は残念なところ。

 

なので入門~中級? ぐらいの方であればこの2万円未満はちょうどいいです。
VGPアワードを受賞しているぐらいなのでそこは信用してもいいかなと思っています。

 

 

ノイズキャンセリングはどんなもん?

f:id:cristarin1120biz:20180726225721j:plain

 

 

蓋を開けば-25dBということが強調されています。

どんなものかよくわかりませんが体感上キーボードのカタカタ音が消えます。

 

その秘密として

  • 高精度アクティブノイズキャンセリング回路が搭載されていること。
  • 低反発ポリウレタンイヤーピースの『Comply™』が付属さていること

 

この『Comply™』が凄いんです。
いつものイヤホンのゴムの部分を想像してください。
普通にゴムじゃないですか?

 

でもこれはまるでスライムw
低反発なので潰したら元通りになるのに時間がかかります。
つまり、耳にめちゃめちゃフィットして外部の音をシャットアウトして音に没頭できます。逆に音漏れの防止にもなります。


品質の高さとして、米軍ヘリコプター部隊で採用されているとのことです!

 

 

商品そのものを詳しく見てみる

 

 

f:id:cristarin1120biz:20180726225956j:plain

 

 

イヤホン部分と、本体と分かれています。

 

f:id:cristarin1120biz:20180726225935j:plain

 

が、イヤホンは抜けないので手持ちのイヤホンを挿して利用することはできないのでそこは要注意!

 

この本体は音量調整と音楽の進む、戻るがついているのでいちいちスマホを操作しなくても大丈夫!

 

完全ワイヤレスイヤホンだとどうしても耳に装着している状態で上手に操作が必要だったり、Siriに話しかけたりしないといけないのでそこは大変ですもんね…

 

また、この本体が重いんじゃないの?って思われるかもしれませんが
以下のような大きめのしっかりしたクリップが付いているので安心です!

f:id:cristarin1120biz:20180726230303j:plain

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

 

流行りのAirpodsのような完全ワイヤレスイヤホンもいいですが、音楽を聴くにあたって、音楽が聞きやすい、音楽を選びやすい、音楽に没頭しやすいという基礎的なことも大事ですよね!

 

是非気になった方は下記のリンクからチェックしてみてください!

 

Amazonだと安くなってて、2万円を切るどころじゃなくてお買い得でした!