Colorful Days

様々な事に興味がある筆者の日々

積み上げたものぶっ壊して

f:id:cristarin1120biz:20190405171654j:plain

ここまでの感情はいつぶりだろう。
それぐらいに今仕事が嫌で仕方がない。
そんな愚痴、ブログなんだからこぼしたっていいよなぁ

 

 

これまで

 

今の会社に勤めて10年。
会社の中では長い方だ。
職としてはベンチャー企業だからか、一人当たりの生産性を求められるせいかすぐに辞めていってしまう。
だから10年いればもはや長老どころじゃない、仙人だ。
そんな会社に勤めていて転機が訪れた。

 

昇格

昇格、素晴らしいことである。
役職が上がって給料が上がる。サラリーマンの願いだ。

俺も望んでいた。でも、本当に?純粋な気持ちで望んでいたかは謎だ。

10年働いている自分がいて、すぐに辞めていってしまう人たち。
そうなると、2〜3年働いていたら立派なベテランの仲間入り。
俺と同じ役職まで上がってくる。

でも、その上のポストは急に狭い門になってくるからそう簡単になれない。
だから、自分と同じ役職までくるのが実は実質的なゴールに近いのかもしれない。

でも、そんな行き止まりみたいな役職でも俺は楽しく仕事ができていたんだ。
なんたってベンチャー企業。ベンチャーとは冒険の意味である。
刺激が満載な職場だ。

でも、組織体系が一変して、昇格ポストが一つ増えたんだ。
すると、もともと希望を出していた俺が昇格することになった。

これには部下の方々、家族までも喜んでくれた。
何年かぶりの昇格だ。俺も嬉しい。

資格

我が社には資格制度がある。
資格制度を取れば給料が上がる。
その資格制度で最高位を取得したんだ。我ながらすごい。

長年勤めてきたがこの最高位を掴んだものは片手でおさまる程度の人数だ。
門が狭いというわけではないが、難易度は高い。

ここまでの話を聞いてていかがだろう。
さぞ、エリートサラリーマンと思えるんじゃなかろうか。
さて、ここからが本題。憂鬱な話のはじまり、はじまり。

新体制に変わって

新体制に変わる+昇格ということもあって仕事がマジでわからない。
何がわからないかわからないぐらいにわからない。
(わからないって何回言ってんだ)

仕事を教えてくれる人もいない。正確には同じ役職の人がいるので聞けば教えてくれると思うかもしれないが教えてくれない。
また、聞けば怒られる。
聞かなければわからない。
だから勇気を持って取り組む。
そして失敗する。
それでやっと学ぶ。

本当に手探りで仕事をしている。
だから休みの日は死んだように寝ている。
こうやってブログを書くことが休日の楽しみでもあるが、昼食を食べたら何時間でも寝てしまう。貴重な休みの日に寝てたまるかと、今日は朝、昼を抜いている。

わからないことは仕方がない。覚えるしかない。
これは仕方がないことだ。
でも…

勤務ルール

国はブラック企業に対して厳しくなってきている。
残業もそうだし、休憩だってそう、休みや連勤だって。
うちの会社はベンチャーなのでその点濁しそうなイメージがあるが割と頑張っている方だ。(他の会社は知らないのでわからないけども。)

だからこの就業規則を俺は守ってきた。
けれど、いつの間にか変わったのだろうか。
それとも、役職が変わったことによってしれっと変わっているのだろうか。

仕事が終わらなければ家でも仕事。休みの日にも仕事。

俺には信じられなかった。
唯一の逃げ道である退勤後であったり休みの日が仕事に変わるかもしれないなんて。

会社は動く、現場は動く、けど俺は休む日がある。
それは誰にだって当てはまる。
けれど、間に合わないなら仕事を続けるっておかしくないか?

俺は経営者ではない

経営者目線で考えることは大切なことだ。
だが、経営者の立場のように働くのは違うと思っている。

仮に自分の会社・店があったら休み返上で場合によって働くだろう。
けれど、それは自分が食っていくため、自分の会社・店だからだ。

でも、今回は違う。
俺よりも上の立場の人もいる。同じ役職の人だっている。
業務を引き継げば支障がないはずだ。

だから俺は…

勤務時間以外にも仕事のことを考えることはあっても仕事をするのは別だ。
それを若干強いられるから俺はこの築き上げた10年間。最高位の資格を捨ててしまおうかという決断をしようと思っている。

もちろんだが軽はずみな考えではない。
生活に支障をきたしたり、生活をぶち壊す、人生を狂わす、そこまで俺にとって仕事は大事ではない。

飯を食っていく、生活をするために仕事をする。
だが、俺は会社のために生活を捨てようなんて思えない。
ブログだってやりたい、飯だって家で食いたい、嫁と一緒に寝たい。
この生活をぶち壊す可能性があるなら俺は築き上げた物をぶち壊す…

同じ高さにあるものがあれば

当たり前だが、今の仕事をやめれば所得の部分で相当な痛みが走るだろう。
高くまで積み上げたところから一番下まで飛ぶってなったらどうだろう。
ビルなどで例えてみよう。死ぬよな。

だから、同じ高さぐらいのものがあれば本来ならあって欲しかった。

そのためのこれ、ブログだったんだが、なかなかうまくいかないものだ。
副収入でブログを始めようと思う人たち、もしこれを見ているなら気をつけろ。
書くことが好きだから、話すことが好きだから俺は2年間ブログを続けているが、収益目的だったらすぐに結果が得られず辞めたくなるだろう。

ブログでの収益を高めて離職の怖さを消したかったが、どうやら時間が足りないのかもしれない。
嫁は困るだろう。片側の収入がなくなるのだから。結婚しなければよかったと思うかもしれない。
そこまで考えているのに俺は退職を考えている。本当につらいからだ。

降格という選択肢

辞めずに降格という選択もある。
恥をすれば済む話。資格も有効。
だが、あまりのかっこ悪さに居づらいんだよ…

2〜3年の人達に囲まれて、10年選手の俺がいよいよ昇格したと思ったら、さっさと降りてくるんだぜ?
メジャー挑戦して数ヶ月で帰ってきたら大ヒンシュクだよな?多分それなら引退を決意すると思う。

野球のプロと比較するのは失礼な話だが俺もそういう気持ちだ。
登ってきちまったら降りれねぇんだ。

自分のための英断を

何かを気にしてたり何かのためとか、そりゃあるけども。
どっちを選んでも俺のことだ。
俺の人生のことだ。

体をぶち壊したり精神的に病んだりしたらそれこそ困る。
だから、俺は今回自分が発しているヘルプを受け入れようと思う。

 

最後に

 

こんなただの愚痴ブログを読んでくれてありがとう。
ここまで読んでくれるなんて相当俺に興味があると思うから、是非他の記事も見ていってほしい。