Colorful Days

様々な事に興味がある筆者の日々

iPadにキーボード使えるって知ってますか?

f:id:cristarin1120biz:20180210232945j:plain

iPadをお使いの方はきっと興味があるであろうキーボード。

iPadにキーボードを使えばもはやパソコンのように使えます!

そんな便利な使い方を紹介します。

 

 

 

iPadは画面も大きいのでスマホと違って文字を打ったりするときにも使う機会があると思います。

僕もiPadの使い道として会議の時にメモを取ったりしています。

 

で、やっぱり、長文を打ってると画面上のキーボードだと打つではなく、触れているため誤字とか酷いんですよ。

なのでやっぱりキーボードがあったほうが便利に使えます。

 

 

 

iPadにキーボードってどうやって使うの?

 

はい、まずはiPadにキーボードを繋ぐためには線で繋ぐわけではありません。

無線で繋ぐんですね。この技術、機能をBluetoothと言います。

決して青い歯ではないです。

Bluetoothのキーボードは結構前からありまして、安いものから高いものまで種類も豊富にあります。

 

でも、物によっては接続を都度しなくてはいけなかったり、キーボードそのものも充電をしなくてはいけません。

なので会議など使用する前には充電をしておかなくてはいけませんね。

 

メリット

種類が豊富

安いものもある

Bluetoothならほぼなんでも使える(iPadじゃなくてもスマホに使ったりとかね)

 

デメリット

電池切れすると面倒(てか使えなくなります)

ペアリング(接続)するのが都度必要な場合がある。

 

キーボードがない、通常のiPadだと

 

なんだかキーボードってめんどくさいんだねぇって思われちゃったかもしれませんが

iPadの画面上で常にで続けているキーボード。

f:id:cristarin1120biz:20180210114621p:image

 

これ邪魔ですよね?

で、これがキーボードが消えている状態。

 

f:id:cristarin1120biz:20180210114630p:image 

キーボードの接続をすることによってこんなに画面が広く使えるんです!

 

たくさん文章を入れちゃうとスクロールして見直して…っていう作業が必要ですが画面が広ければそれほどしなくても済みます。

 

 

折角画面が大きいiPadなんですから文字を打つためにキーボードが出ちゃうのは勿体無いですね!

 

 

ち・な・み・に

 

iPad Proを使っている方はBluetoothを超えたキーボードが使用できます。

 

それはスマートコネクターという端子がiPad本体に付いています。

これは Pro専用です。

 

ここに接続ができる専用のキーボードだと、繋いだ瞬間接続OK♪

これはBluetoothのようにキーボード本体に充電が不要です。

iPadの電気を供給して使えるようにしています。

こんな便利な品にももちろんメリット、デメリットがあります。

 

メリット

繋ぐ手間が全然ない。

誰でも使えて超簡単接続。

iPad Proの優越感?

 

デメリット

スマートコネクター対応のキーボードがマジで無い!(種類が少ない)

値段が高い!

本体の大きさとキーボードの大きさが同じため他の機種では使えない

(本体にドッキングするので、大きさを合わせなくてはいけません)

 

 

このようなデメリットは考えものですが

アップル純正キーボードがあったり、バックライト付きのキーボードがあったりするので

ちょっと他とは違う感じがしますね。

 

 

それでは次にiPadで使用できるキーボードの商品紹介をしていきます。

 

Bluetoothキーボード

分離式タイプ

f:id:cristarin1120biz:20180210233053j:plain

こんな感じで使います。

 

 

 

ガジェット界で信頼性が高いAnker製のキーボードです。

特にこれは知り合いが小説を書く際にiPadとこのキーボードで使用しています。

 

 

 

コンパクトに折りたたむのが可能なキーボードです。

持ち歩く際にキーボード持ってるよ、あの人って感じがなくクールですね。

 

 

ドッキングタイプ

ノートPCのように常にキーボードと共にあります

 

 

これは見事に使ってましたねw

iPadをほぼパソコンにしちゃいます。

ここまでパソコンに近いと逆にトラックパッドやマウスが欲しくなりますが

それはさすがに無理なので画面にタッチしてくださいw

これは会議の時に使ってて良い意味で注目の的でした。

使っている人が増えちゃったので辞めちゃいましたけど。

 

では次にスマートコネクター対応商品のご紹介です♪

 

 

スマートコネクター対応キーボード

 

 

 

ほぼ同一商品ですが、使用する大きさによってはサイズも変わってきます。

スマートコネクター対応商品は、このLogicoolApple純正しかありません。

タイピングに関してはこちらの商品のほうが評価が高いです。

しかもキーボードがバックライトがついているので暗いところでも使用しやすいです。

十字キーがなかなか大きいのは便利ですね。

iPadの画面内だと長押ししなくてはいけないので十字キーは本当に便利です。

 

 

 

Apple 10.5インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MPTL2J/A

Apple 10.5インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MPTL2J/A

 

 

スマートキーボードというAppleの純正キーボードです。

先程紹介したLogicoolのタイプと同じようにケース+キーボードの役割を果たしています。

ですが、背中は守らず。

背面に関しては別売りのケースを購入して併用利用になります。

重量はこちらのほうが軽いですし、キーボードを使用しないときはめくっておけるので

iPadとしての手軽さを失わず、キーボードを常に常備できるのはこの商品だけです。

ただし、値段はキングです…

 

iPadと貴方に合わせた商品を

 

いかがだったでしょうか。

 

打ちたくなったら用意するキーボード(分離式)

常にiPadと共にあるキーボード(くっついているタイプ)

様々ありましたね。

 

貴方がYouTubeをよく見たり、文字を打ったりすることが多ければ

常に共にあるタイプにすれば、iPadがノートパソコンのように使用でき

画面が立てられますので便利に使えると思います!

 

ただ、寝ころんで使用するときは不向きだと思うのでキーボードは

iPadと分けて使用できるタイプが良いでしょうね。

 

 

iPadProだと、Bluetoothキーボードもスマートコネクターもどちらも使えるので

選択幅は最高にあります。

是非貴方にぴったりのキーボードを見つけて、iPadをもっと使いこんでくださいね☆