Colorful Days

様々な事に興味がある筆者の日々

【まとめ】アイコスのメリット・デメリットを紹介

f:id:cristarin1120biz:20171104202459j:image

今話題のアイコスですが、アイコスのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

 メリット

黄ばみを抑制

タバコは燃やすことによってタールが発生します。

このタールというのが原因で、歯が黄ばんだり、部屋が汚くなったりします。

f:id:cristarin1120biz:20171104202935j:image

タバコを吸いたいというのはニコチン依存症の為です。

タバコを吸ってニコチンを得たいのです。

ですが、従来のタバコだと燃やすことによってニコチンの他にタールも摂取してしまうことになります。

しかし、アイコスの場合、タバコを燃やしていません。

そのためタールの発生を抑えているのです。

なので、部屋が黄ばむことや、歯が黄ばむのを抑えてくれます。

 

匂いが少ない

タバコを燃やしていると特有の匂いが立ちます。また、煙でモコモコしているので周囲にも匂いがつきます。

ですが、アイコスは燃やしていないので匂いはかなり少ないです。

f:id:cristarin1120biz:20171104205514j:image

 

灰が出ない

当然といえば当然ですが、燃やしていないので灰が出ません。
火事の心配もなければ、タバコを吸うのに場を汚すことがありません。

f:id:cristarin1120biz:20171104205348j:image

 

禁煙場所でも吸えることも!

飲食店などですと、タバコを吸うのを禁止しているところも多いですね。

 

それはタバコを嫌う人や、タバコの匂いで食事を台無しにしてしまうことがあるからです。

 

ですが、アイコスですとそのような迷惑にはほとんどなりません。

 

そのため、一部の飲食店ですと、アイコススポットと呼ばれる場所があり、タバコは禁止だけどアイコスはいいよ! ってお店が続々登場中です

f:id:cristarin1120biz:20171104203759j:image

このステッカーが貼ってあればアイコススポットです。

 

f:id:cristarin1120biz:20171104203808j:image

募金箱見たいなのに吸い殻だけ入れます。

 

デメリット

アイコスキットの用意が必要

アイコスを吸うための道具ですね。まずはこれがないと吸えません。

値段としては旧型で9,980円。

新型の2.4Plusで10,980円です。

今はほとんど新型の2.4Pulsしか見かけません。

どっちがいいのかって言ったら新型の方が故障リスクも少なくてオススメです。

 

アイコス専用のタバコが必要

俗にアイコスヒートスティックと言います。

コンビニに行けば普通に売ってるので問題ないですが、何故か自販機はあまり見かけません。

僕があまり自販機で買わないせいかもしれませんが…

値段は460円なので、今吸っているタバコに比べると値段が上がる可能性があります。

 

メンテナンスが必要

電気を使っているので、携帯同様に充電が必要です。

 

また、アイコス本体に汚れが溜まるのでメーカー推奨としては20本に1回はメンテナンスクリーニングとなっています。

 

めんどくさいといえばめんどくさいかもしれませんが、やらないと味が落ちて来ます。

健康を考えながら吸えるアイコスを愛でるような気持ちでやってあげるといいと思います。

 

ジッポーを昔使ってましたが、ジッポーもメンテナンスがあるのであまり気にはならなかったです。

 

最後に

知人で飲みに行った際に女性から「今時タバコかよ!」って言われたらしいです。

禁煙ブームなのは前からですが、アイコスといった加熱式のタバコが普及していることが考えられますね。

TPOをわきまえると言ったらアイコスが良いってことですね!

 

では、また!

 

iQOS(アイコス) 2.4 Plus ホワイト

iQOS(アイコス) 2.4 Plus ホワイト