Colorful Days

様々な事に興味がある筆者の日々

【Twitterアンケート結果】社会のおかしさにメスを!

f:id:cristarin1120biz:20171016161915j:plain

先日会社の中でよくある? 光景に対してのアンケートを行いました。

 

内容としては、『仕事中にタバコを吸う方に対してどう思うか』です。

 

 

概要

タバコを吸っていない人からすれば、仕事中にタバコを吸いに行く事を休憩と同じくみることがあります。

 

ちなみに僕はタバコを吸うので、休憩時間以外にタバコを吸うことに対して上司から叱られたことがあります。

 

今は休憩時間を削って吸いに行くようにしているのですが、世間の皆さんはどう感じるのかなと思い、アンケートを取りました。

 

こちらが結果になります。

 

f:id:cristarin1120biz:20171002105657p:plain

休憩時間短くすれば? 吸った分だけ

意外にも、僕が取っている行動を取れ! っていう人が少ないですね。

 

なんとも思わない

意外といる。優しいですね。

 

取った分吸わない人にも休憩を与えるべき

これは僕もちょっと思ってます。公平ですよね。

 

そもそも休憩が1回って頭おかしくね…と切れてしまっていますが

これは8時間労働、1時間休憩だった場合、ご飯を食べたりする休憩が1時間あってそれ以外の休憩がないことです。

 

正直これは僕もこれに一票です。

 

僕の思うところ

普通に耐えられませんよ。学校の授業だって小休憩挟みますし。

小休憩すら与えられないで世間の言う生産性を高めろ! なんて無茶な話。

生産性が逆に下がります。

 

いやいや、だってちゃんと休憩1時間与えてるし! っていう上司の方は一旦見直してみては?

っていうか上司の方はそれで耐えられてるんですかね? 本当に。

タバコを吸って別途で休憩得ていて、全従業員に1時間休憩! って言ってるんじゃないですかね?

 

自論ですが

僕が思う仕事の休憩とは、ご飯を食べたりする1時間休憩はまず必要だと思います。

それと同じぐらいに小休憩は必要だと思います。

 

2時間に10分でもいいから与えるべきだと思います。

 

タバコを吸う時間分休憩時間を減らすって本当はあまりよくない気がしますけどね。

一旦仕事をリセットする脳がほとんどないわけでしょ、疲れが溜まりますよ。

 

僕が取っている、タバコを吸った分だけ休憩を短くする。

これは社会に負けている結果です。

本当は小休憩でタバコを吸いたいです。

 

そして、吸わない人にも小休憩を与えるべきです。

 

僕は月一で会社の会議に参加しています。

その中で不思議に思っているのが、昼休憩(昼食)の1時間とは別途で2時間おきに小休憩(10分)が存在すること。

 

答えは出ています。小休憩が必要なんです。

会議は集中する場。だから小休憩は必要。と唱えるのなら

現場はもっと集中する場だ!

 

小休憩は絶対必要、現場の責任者の加減で休憩を回せるなら与えちゃってもいいかもしれませんね。

 

僕もどちらかというと現場の責任者なので変えていかないとですね。